金融と言ってもどんなことを表しているのでしょうか?!

こんにちは聡美です。今日は金融の基礎的なお話をさせていただきたと思います。
まず始めに、金融の基本的なことにつてお話しさせていただきたいと思いますので宜しくお願いいたします。

金融とはいとことで言うとなんでしょうか?

①金融や資金循環について
【お金を余っているところから足りていない所に循環させているシステム】

余っているところから足りないところへ、お金を融通する仕組みが金融。お金の流れ全体が資金循環。「金融」とは、そもそも「お金に余裕のある人が、お金が不足している人に、お金を融通すること」を意味します。

例えば、Aという会社が花粉症の特効業を開発したとします。楽が発売されれば、多くの人が花粉症の苦しみから解放されるでしょう。しかし、薬を生産するには新しい工場が必要です。そこで働く従業員も一雇わなければなりません。A社には、それだけの資金がないため、せっかく特効薬を開発したにもかかわらず、薬を売り出すことができません。

ここでもし、お金の余っている人がA社に資金を貸してあげてたらどうなるでしょうか。A社はそのお金で薬の生産や販売を実現することができるようになりますあるそして大きな利益を得ることができると思います。

お金を貸した人たち、A社に貸したお金の利子を受け取って、お金を増やすことができるのです。そのお金を違う会社に貸し出していけば、また新しいビジネスが生まれるかもしれないのです。

このようにして世の中に溜まっているお金を眠らせておかないで、降りないところで融通する仕組みがあれば経済を活性化させていくことができると考えられるのです。この仕組みが正に「金融」ということなのです。

またこのように余っているところから資金の足りないところへお金の流れ全体のことを、「資金循環またはマネーフロー」と呼んでいます。

②金融機関について

「金融機関」といっても多くの人が頭に思い浮かべるのは、おそらく「銀行」おおもうことでしょう。たいていの方は、お金は銀行に貯金しているはずだと思います。

人々が貯金したお金を、銀行は文字通りに「ただあずかっている」訳では無いのです。事業資金が必要な企業や、住宅や車の購入のためのローンを組みたい人たちに頭したりしています。つまり預金者から借りたお金を、お金の絶えない人たちに「又貸し」をしているわけなのです。

そして貸出先から受け取った利息から、預金者に支払う利息を晒し板分が、銀行の儲けになっているのです。

 

評判の金融機関ポケットキャッシングはこちらから
 ↓  ↓  ↓
ポケットキャッシング評判.com/